Tech系サービスやガジェットの使い心地、自分の作業環境、資産運用について気が向いたときに記録を残しています。

記事内のAmazonアソシエイト適格販売及び、Google Adsenseでお小遣いを得ています。

なるべく何も考えたくないけどポイント還元は欲しい人のクレカと証券会社選び(2023 Update)

ポイ活は疲れた。

20前後のころはとにかくお得な決済方法やポイント還元、ポイントサイトを巡り歩いて1円でもお得になる手段を積み上げていた。

しかし、成長するにつれ出費を減らすのではなく収入を増やすことにフォーカスし始めると、人生のリソースは仕事(人によっては副業)に注いだ方がリターンが大きいし、自分のことばかり考えているわけにもいかなくなる。

かといって、過去にやってきた経験から完全な富豪ムーブ(節約や還元は無視)するのも精神衛生上よくない……10万円決済すれば1000円以上は戻ってきてほしいというように、脳がトレーニングされている。

何も考えずに、なるべくお得に決済をする方法はないか…?と考えてたどり着いたのがこの記事の内容。最大効率ではないがそれなりのお得度になることを目指し、決済手段の使い分けをなるべくしないことを主眼に置いている。

TL;DR

クレジットカードで年間200万円以上決済する人を想定。それ以下の場合別の最適解があるかもしれない。

やること

  • 三井住友のNL系プロパーカードを、年間決済額に応じて1枚だけ契約して使い倒す
  • SBI証券と連携して、クレカ決済で投信積み立てをする。たまったVポイントは全て投信購入に回す
    • 購入規模・投資対象は以下を読め

hayatoito.github.io

選定ポイント

  • 決済店舗ごとにカードを使い分けたくない
    • iDとVISAタッチをGooglePay/ApplePayで使えることが最低条件
  • クレカのポイントはただキャッシュバックに使うだけでなく利回りを重視
    • クレカ投信でポイントを稼ぎつつポイント投資で利回りを狙う
  • 還元条件で他サービスの契約状況に依存しない

au, docomo回線利用したら~~などの、定期契約を条件とした還元率アップは、サービスの選択肢を狭めるので考慮しない。

目次

  • 基本的なクレカ還元率
  • 各種Pay・非接触決済対応
  • 証券口座連動による利回り最適化・追加ポイント還元

なお、筆者はプラチナプリファードを使っているのでこれをベースに話す

基本的な決済に対する還元率

プラチナプリファードはまず、ほぼ全ての決済で100円につき1ポイントのVポイントが付与される。

また、プリファードストアなる特約店ではこれに加えて追加の還元がある。これが大きい。

主な対象としては

  • コンビニ(ローソンファミマセブン): +4%
  • ETC: +2%
  • ふるさと納税サイト(さとふる・ふるなび):+2%+4%(2023~)

が挙げられる。また、マクドナルドも+4%だし、各種カフェチェーンやスーパーも+1%の還元率UPが得られるため、1%以上のポイント還元がある決済はかなり大きなものとなる。iD決済とクレジット決済両方で還元UPの場合と、クレジット決済のみの場合がある点に注意。

昨年は、年末にふるなび・さとふるの還元率が+6%になったりと、かなり豪勢なキャンペーンが組まれたりもする。

www.smbc-card.com

年会費

プラチナプリファードの年会費は33000円と、かなりお高い部類ではあるものの、通常付与ポイントとは別に年間決済100万円ごと10000ポイントのボーナスポイントが付与される。

つまり300万円決済すれば年会費はほぼタダである。

年間決済額に応じてボーナスポイントというシステムで、1枚に決済を集約させるインセンティブが生まれるので、余計なことを考えなくて済むという副次的な効果もある。

各種Pay・非接触決済対応

三井住友カードの魅力は非接触決済の充実。iDもVISAタッチ決済も、スマートフォン経由で利用できる上に、余計なiDアプリやカード発行元謹製アプリではなくGoogle Pay, Apple Payで利用できる点が大きい

※2022/3からGoogle PayでもVISAタッチが利用できるようになった、神。

過去、dカードをメインに使っていたがiDアプリの起動は遅いわ端末引継ぎが面倒だわと、イライラするユーザー体験ばかりかつ、docomo回線があるとログインUXが低下して更にイラっとしていたため、OS開発元のアプリでノンストレスな体験になるだけで個人的にはポイントが高い

各種Payはクレジットカードから直接決済できるもの以外は使わなくなる。d払いとPayPayのクレジット払いを使えば大抵の局面で現金を出す場面はない。

例外は大きな還元キャンペーン時のPayPayや割り勘送金の時くらいで、この時だけはPayPay残高に銀行口座からチャージしている。

証券口座との連携

プラチナプリファードは、SBI証券で投信積立をクレジット払いで設定することで購入金額の2%5%(2023~)がVポイントで還元される。神施策扱いされていた、かつての楽天証券1%還元の5倍だ。

つみたてNISA枠の購入にも使うことができるので、資産運用を考えている人にはピッタリのカードだと思っている。

www.smbc-card.com

しかも、Vポイントで投信を購入できるサービスが今後始まるため、通常はカード支払い額からキャッシュバックするだけのVポイントを資産化することができる。

通常であれば1ポイント1円の価値だが、投資を行うことでポイント価値を向上させる余地が生まれる(必ず上がるわけではないが…)。PayPayのボーナス運用スタンダードコースがS&P500連動なので、連動投信を買えば理論上同じ動きとなるので、どれくらいのポテンシャルなのかイメージしやすいと思う。

prtimes.jp

2022年5月には、Vポイント1ポイント=1円としてSBI証券投資信託の買付に利用できる「Vポイント投資」の開始を予定しています

(追記) 2023年から積立に対するポイント還元率が5%に増え、年間3万ポイント還元できるようになって更にお得になった。ほぼ年会費をペイできる計算になり使わない理由がない。2024年からはクレカ積み立て分を全てNISA枠に収めることも可能。

雑な損益分岐点考察

プラチナプリファードは、年会費ペイと還元を考えると最低でも年間決済額200万円ほど必要になる。ただし、2023年から投信積立全力の場合は100万円程度でよくなったためもはやゴールドカードを検討に入れる余地すらない。

資産ポートフォリオをそこまで証券に振り分けられない場合に、ゴールドNLカード、NLカードで投信を積み立てつつ溜まったVポイントを更に投信に回す形になるだろう。

100万円決済は大抵の人がクリアできると思われるので、ゴールドNLをおすすめする。年間100万円以上決済すると年会費無料となる上、ボーナスポイントも10000ポイント付与されるので効率がいい。

ゴールドまでの場合、基本的な還元が0.5%に落ちるのと、特約店・投信積立の還元率が下がるデメリットがあるが、コンビニ・マックの還元率アップは規模が減るものの維持される。ポイントアップモールでネット通販でも還元を追加できる。

いわゆるゴールド特典も、空港ラウンジ程度しか使っていないのであれば特に気にすることはないだろう。

ポイントサイトに抵抗が無ければ、ハピタスで15000pt還元キャンペーンをやっている。

hapitas.jp

hapitas.jp

CCC嫌いな人へ

自分もCCCの個人情報管理に関する姿勢については強く危惧しているので、ポイント事業の提携に関しての発表を注視している。

もし本格的に「こりゃだめだ」となったらMarriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードを使おうと考えている

www.americanexpress.com

とはいえ、2023からの積立投信還元強化はかなり嬉しいので、すこし三井住友カード維持に傾いた。

Shokz OpenRun Pro到着当日レビュー

f:id:gensobunya:20220218225528j:plain
OpenRun Pro

GREEN FUNDINGクラウドファンディングに参加していた骨伝導ヘッドホンの雄、Shokz(旧:AfterShokz)の新しいフラッグシップモデル OpenRun Proが届いたので早速1日リモートワークで使い倒してみた。

Shokzとは

それまでの骨伝導ヘッドホン・イヤホンとは一線を画すクオリティと話題になったAeropexで一気に知名度を上げたメーカー。

耳が空くことによる自然な外音取り込みと、長時間装着しても快適であるという特徴がリモートワークでの会議シーンにマッチして、ガジェット好きのリモートワーカーの間で一気に好評を博し世間に広まっていった(と自分の観測範囲では見えている)。

今回リリースする新たなフラッグシップモデルと共に、旧名であるAfterShokzからShokzにブランドネームを変更した。

Unbox

f:id:gensobunya:20220218230213j:plain
外箱

f:id:gensobunya:20220218230144j:plain
化粧箱

f:id:gensobunya:20220218230239j:plain
保管ケースが入っている

f:id:gensobunya:20220218230302j:plain
専用の充電ケーブルをホールドする機構が設けられている

レビュー

f:id:gensobunya:20220218230342j:plain
OpenMove(奥)とサイズ比較

以下のレビューは筆者が愛用して1年以上使い倒したOpenMoveとの比較となる。

前フラッグシップであるAeropexは参考程度にしか触っていないので、Aeropexユーザーが乗り換えたときの感触とは異なるであろうことを最初に断っておく。

着け心地

ファーストインプレッションは「軽く、優しい付け心地」

サイズ比較して分かるように、OpenMoveからは見るからにサイズが小さくなった。

重量はOpenMove, OpenRunともに29gなのだが、こめかみの締め付けが強烈でなくなったこともあって軽い装着感となっている。

また、OpenMoveでは音量が大きいときにビビりが発生して耳元がこそばゆくなっていたが、OpenRunでは音量を上げても物理的な振動は感じづらく、締め付けは弱いにもかかわらずフィット感はむしろ高く感じた。

音質

OpenMoveからの最大の変化が音質。

利用条件は主にリモート会議(中音域メイン)だが、特性を確認するために音楽も聴いてみた。

サンプルは全音域でまんべんなくうるさい岸田教団の曲をチョイス。

kisidakyoudan.com

会議レベルでは、高音域と空間処理はかなり進歩している印象を受けた。具体的には"s"と"th"の聞き分けがしやすくなったと言えばわかるだろうか。ブレス音が聞き取れるようになったのだろう。

相手が無指向の会議室マイクを使っているような場面では、臨場感が出るようになった。OpenMoveでは意図的に中音域のみを強くして人の声を聞こえやすくしていたことが感じられたが、OpenRunでは自然音に近づいている。

ただ、その結果として相手の音質の粗が目立つようになったはご愛嬌。マイク音質については録音してOpenMoveと聞き比べたが大した変化はなかった。

音楽鑑賞による確認

高音低音が行方不明になり1秒でまともな鑑賞をあきらめたOpenMoveに比べれば、ギリギリ音楽として聞けるようになったと言える。

ただ、その後Sony WH-1000XM4で本来の音を確認してから、OpenRunに戻ったら全てがスカスカに感じてしまうので、骨伝導の限界を感じた。

特に、ベース音がほぼ聞こえないあたり低音はまだまだ足りない。

あくまで、人の話し声が中心となるコンテンツを長時間楽に視聴するためのものか、もしくは運動中に安全に利用するためのヘッドホンという位置づけが本来の使い方になりそうだ。

充電

急速充電・10時間稼働がウリのOpenRun。

OpenMoveではスペック上の連続稼働時間が6時間と、1日中会議が入っている予定では1日持たず、昼間の充電が必須となっていたが、OpenRunでは必要ないはず。

ただ、1日目ではその急速充電・ロングランが活きる場面がなくこれはまだ実感できなかった。USB TypeC端子ではなくなってしまったので、充電ブースの工夫が必要になる点はネックか。

運動時

OpenMoveもOpenRunも同じくIP55, 前フラッグシップのAeropexはIP67で一定時間の水没に耐える規格だったが、変更されている点には注意

ただし、IP55であれば汗程度の水滴には耐えるので、運動中の汗や洗い流す水流には特に問題はない。

なお、自転車での利用はOpenMoveを購入した際に試したが、30km/h前後からは風切り音がうるさくなり、とても何かを聞くことのできる状態ではなくなる。よほどゆっくりとしたペースでもない限りサイクリング中にナビを聞くような使い方はできないとおもっていいだろう。

まとめ

OpenMoveからの乗り換えであれば、少なくとも買う意味はあったと思わせてくれる製品。

骨伝導ゆえの限界はあるものの、自然な外音取り込みを実現しつつ確かに品質が上がっている。Aeropexからの買い替え需要はわからないが、軽い付け心地になったので、バッテリーも相まって更なる長時間稼働が期待できそうだ。

Aeropexと同等の防水機能を持った後継機であるOpenrun無印も存在している。音質の向上はされていないが、水中利用を考える人はこちら

Pixel6購入!Pixel3からのデータ移行とFelica移行しました

f:id:gensobunya:20211027232112j:plain

Pixel3から足掛け3年、Pixel6を新メインスマホとして購入しました。

元々はPixel5に期待したもののまさかのミドルハイレンジモデルで足踏みし、さらに1年待ってTensorという期待要素、事前の広報も結構気合が入っていたのでこちらもその分楽しみにして待ってました。

創立記念セールのクーポンが予約開始日に届かなかったり、ローカルガイドで同じクーポンが配られたりと色々イラつく場面もありましたが…

カメラはそこまで高機能でもなくていいので、Proモデルではなく無印を購入。

創立記念のキャンペーンコード5500円の割引に加えて11/7までのクレジット付与分割払いバージョン16000円分が付いてきたので実質53000円ほどでの購入。これでフラッグシップクラスが買えるのだからコスパは素晴らしい。

Unbox!

それっぽいことをしたかったんですが、端末引き出すのに手間取った。

f:id:gensobunya:20211027232105j:plain

事前配布と同じポテチが緩衝材として入っていました。

ケースを同時購入した人はポテチが入っていないようでしたが、配送の箱がギリギリサイズだったので体積が足りなかったのでしょう…

f:id:gensobunya:20211027232120j:plain

ポテチと本体のほか、「LINEMOの特別キャンペーン宣伝」「Google Oneの3カ月無料」「Google Storeの15%割引キャンペーンコード(!)」が封筒に封入されていました。

15%オフコードのおかげで、16000円分のクレジットの使い道を考えるのが捗りますね。素直にStandBudsを買ってもいいし、Nest Doorbellもいいな…

store.google.com

Pixel3からデータ移行

Pixel6の機能やらウリは既にさんざん大手メディアやブロガーがレビューしているので割愛。Pixel3から有線でデータ移行していく様子をレビューします。

f:id:gensobunya:20211027232008j:plain

初期設定中に「旧Android端末から設定を転送」のステップがあるので、画面に従ってUSB TypeCケーブルで2台の端末をつないでいきます。

f:id:gensobunya:20211027232011j:plain

アプリ、ローカル保存されている画像や動画・音楽、設定などほぼ全て旧端末から転送できます。

ちなみに、アプリはリストだけ転送され新端末のPlayStoreから同じアプリがインストールされる仕組み。ストア外アプリは移行されません。

それでも、ほとんどのアプリが内部のアカウント状態や設定を維持したまま転送できます。ホーム画面のレイアウトもそのまま移行されるのでほぼクローン。

f:id:gensobunya:20211027232140j:plain

終了すると、旧端末側でエラーっぽいメッセージがでるのですが転送自体は完了しています。イケてない表示…

f:id:gensobunya:20211027232014j:plain

この後、BitwardenAuthyを起動して認証情報を確認できるようにした後、普段使うアプリをいくつか起動して設定を埋めていきます。

Felica移行

Felicaサービスは自動転送の対象ではないので、元の端末で削除して、新端末で登録しなおします。

ローカルに残高を持つタイプの電子マネー、特にSuicaは機種変更手続きのために残高預けが必要なので事前に処理が必要。

iDやQUICPayも、個別アプリで登録するクレジットカードの場合は事前対応(サーバー預け)が必要なのですが、GooglePay経由で登録する場合は前端末で登録解除して新端末で再登録するだけです。後者しかもっていなかったので楽ちん。

最終的な移行リストはこちら。

  • Suica
  • ヨドバシゴールドポイント
  • モバイルdポイント(ローソンアプリ経由)
  • ANA
  • メルペイiD

旧端末の「おサイフケータイアプリ」からリストが無くなっていることと、「かざすフォルダ」の中身が空であることを確認して完了チェック。

個別多要素認証系の復旧

ネットバンキングやドコモの生体認証を再登録します。

これら5点を再設定しました。

Felica IC番号を使うサービスの再登録

docomo bikeshareなどがこれに当たります。端末内にデータはないけどICカードをかざすことで認証するタイプのサービス。ほかには余り思い浮かばない。

現地に行かないと再登録できないことが多いので、忘れていると結構厄介。

まとめ

f:id:gensobunya:20211027232147j:plain
ポートレート撮影 by Pixel6

スムーズに作業を済ませたつもりで、結局1時間半ほど移行にかかりました。

f:id:gensobunya:20211027232126j:plain

当時比較的コンパクトで軽量だったPixel3から重厚長大なPixel6に変わったので、両手持ちデフォに慣れるまで少しかかりそう。

でも大きい画面はいいですねー、情報量が多いし電子書籍が読みやすい。

Google Photo無制限バックアップの対象外になりますが、サービスも十分高機能化したので、容量がなくなり次第、素直にGoogle Oneで課金する予定。Pixel3はメルカリへGo。

ケースやガラスフィルムはあらかじめ用意していたものを開封直後に装着。

amzn.to

ガラスフィルム装着した場合は、設定からディスプレイの感度を上げておくことをしておかないと指紋認証の精度がかなり悪化するので注意。

Pixel6無印はProと違ってほぼ平面ガラスなので簡単に貼れました。ここは予想通り。

全体的にキビキビ動いてくれるので満足しています。

Flexispot EJ2とオーダー天板で電動昇降デスクを作るぞ(組立編)

前回までの経緯はこちら

gensobunya-tech.hatenablog.com

gensobunya-tech.hatenablog.com

天板の塗装まで終わったので、いよいよ組み立てに入る。

前準備

将来的な引越しを見据えて、鬼目ナットを使って取り外し可能な状態にしておく。また、ナットを埋めておくことで気分で変更したレイアウトを戻すことも可能になる。

つまり、付属の木ネジは使わない。新たにサイズの合う鬼目ナットと、ボルトを用意する必要があるが、Flexispotには先達の記録が大量に残っているため、規格調査は簡単に終了した。

sw1227.hatenablog.com

ホームセンターでM4x15mm,20mmのボルトとM4x10mmの鬼目ナット、それに6mmのドリルビットを購入。その他の道具はAmazonで揃えたり、自転車趣味の工具で賄った。

特にT字レンチは垂直に鬼目ナットをねじ込むのに大活躍してくれた。L字だと垂直が狂いやすい作業であったが、上からの力だけでねじ込めるT字ならズレたとき感覚でわかる。

作業手袋は大きな天板を扱うとき握力に頼らず摩擦力で保持できるので1人作業ではほぼ必須。とはいえ、工具を扱ったことのない人なら電動ドリルを使った方がよいだろう。

ナット捻じ込み

大まかな流れとしては

  1. 下穴の場所をマーキングする
  2. 下穴をあける
  3. ナットを打ち込む
  4. 足をセットしてボルトで本締めする

となる。不可逆作業は下穴をあけてナットを打ち込むまで。ここはセンターがずれないように、ナットが曲がらないように2x4の端切れで練習した。

f:id:gensobunya:20210814213002j:plain

ドリルは12mm程度の場所にテープを貼って深く掘りすぎないようにする。参考記事に従ってドリルストッパーを使ってもよかったのだが、近場のホームセンターになかったのであきらめた。

amzn.to

練習したところで、脚の位置を決めてゴムで保護された穴の奥に届く長めのペンを使ってマーキングをしていく。その後練習通りに穴を穿ち、ナットをねじ込む。

f:id:gensobunya:20210814212138j:plain

ここまでくればもう後は流れ作業だ。足をセットしてボルトを仮締めするときだけ、ズレていないことをお祈りした。幸い穴の遊びの範囲内に収まってくれた。

f:id:gensobunya:20210814212217j:plain

一通りのネジが正常に入ることを確認した後、本締め、ケーブルセッティング、カバーの装着、コントローラーの装着と淡々と説明書通りにすすめていき、最後にひっくり返す。

床の養生を忘れずに!

f:id:gensobunya:20210814212321j:plain

ケーブルハンガー

さて、電動昇降デスクの本懐である立ち仕事をするためにはデスク上につながるケーブルに上昇分の余裕がある必要がある。しかし、長いケーブルをすべての電源で確保することは現実的に難しいので、電源ケーブル1~2本とLANケーブル1本がいいところだろう。

その他のケーブル類は全てデスク天板付近で完結させる必要がある。

このケーブルハンガー製品は非常に多数出ているのだが、自分はElasticかつCheapな解決策を選択した。

f:id:gensobunya:20210816213320j:plain

ケーブルとマグネットフックだけである。

f:id:gensobunya:20210816213346j:plain
要件は満たした

適当なセットアップを許容し、尚且つどこからでもケーブルが出せ、取り外しや装着も簡単だ。安っぽいが、合理的である。どうせ見えない場所だ!

完成

f:id:gensobunya:20210816213521j:plain

立ちモードは思ったより快適で、明らかな血の巡りを感じる。最高だ。今まで使っていたダークブラウンのデスクと違って部屋が明るく見えるのも非常に良い。

ケーブルネットに限界がきたら、真面目に裏にもナットを打ち込んでスチールラックをボルト止めする。

反省点

最高のものを作ろうとしたら、板については改善の余地がある。

今回は予算の都合上見送ったが、次回は間違いなく無垢材を買うだろう。集成材だと木目がそろわない分ちょっとした色の違いがシミに見えて気になってしまう(実際は色合いの問題なので1枚板ならそうは見えないはず)

また、切り欠きなどを作ってケーブルを逃がすギミックも欲しいところ。これは後からでもできるが、精度や仕上げを頑張れる自信がないから。

www.amazon.co.jp

Flexispot EJ2とオーダー天板で電動昇降デスクを作るぞ(塗装編)

前回

gensobunya-tech.hatenablog.com

塗装用具の仕入

f:id:gensobunya:20210812083307j:plain
届いた品々

全くの素人だったので、ググりまくってミスしないような、楽になる装備を手に入れた。

ドが付く初心者なので、手順については公式のガイドに従った。

www.hoxan.co.jp

ワトコオイルでの加工はオイルフィニッシュといわれる手法で、簡単に仕上げるだけならばクリア層を上塗りしたりする手間はかからない(ワックスなどで仕上げる手法も存在する)

ブルーシートと紙ウエスだけは家に常備されているので心配いらず、新しく下記の品だけ購入した。

面積が大きいので、なるべく手間なく塗るために可能な限り大きな刷毛を選択。

ワトコオイルは200ml or 1Lの選択だったが、足りなくて買い足すのは嫌だったので1Lを購入。目安として200mlで2m2塗ることができるので、ギリギリ足りる計算では合ったがギリギリは怖い…

塗装

晴れている日を選んで駐車場で実施。

f:id:gensobunya:20210812083813j:plain
簡易作業場

届くときに梱包されていた段ボールで養生しつつ、自宅に転がっていた2x4材のハギレですこし浮かせている。

表面を固く絞った紙ウエスで拭いて汚れを落とした後、ワトコオイルを塗布していく

f:id:gensobunya:20210812083912j:plain

f:id:gensobunya:20210812084004j:plain

1回目の塗装が完了。15分放置した後拭き取り、さらに1時間乾燥させる。

f:id:gensobunya:20210812084102j:plain

乾燥させている間の待ち時間に、バイクラックもオイル塗装をした。

f:id:gensobunya:20210812084228j:plain

1回目が乾燥したところで、2回目の塗装としてウェット研磨を行う。塗装が乾いていない段階で耐水ペーパーを使って研磨することで、細かい凹凸を研磨した粒子で埋めてオイルが固めるという原理らしい。ウェット研磨後にまた拭き取りを行い、あとは乾燥させる。

1時間ほど経ったところで裏側も1回だけ塗装を行った(触る場所ではないのでウェット研磨によるすべすべ感にはこだわらなかった)

乾燥して出来上がったものがこちら。

f:id:gensobunya:20210812084432j:plain
出来上がり

簡単に、ムラなく塗装が完了した。ナチュラルカラーを使っていたので、不自然な色にならず尚且つ飽きもこない雰囲気にできたと思う。

初回施工後の3~4か月後に1回目のメンテナンス塗装を行う必要があるらしいので、各種機材はその時のために保管が必要。

次回、組立編

gensobunya-tech.hatenablog.com

Flexispot EJ2とオーダー天板で電動昇降デスクを作るぞ(オーダー編)

会社の同僚がやたらFlexispotの話をしていたので、在宅勤務の憧れ環境として電動昇降デスクはずっと気になっていた。

プライムセールで大幅割引をしていたのと、値上がり予告が公式から出ていたということで、勢いに任せてポチ。

購入したのEJ2というモデル。天板は純正ラインナップに現在の不満を解消できるサイズがなかったので、別途オーダーすることにして脚のみのモデルを購入した。

やや挑戦的なオーダーにも感じていたが、Flexispotの各モデルとオーダー天板・ホムセンのDIY天板との組み合わせは鉄板で、社内のWFHチャンネル含め多数の知見があったため思い切って注文。

一番背中を押したので公式の「このセール終わったら元の定価が値上がりしますよ」というツイート。こいつめ…商売がうまい。

天板オーダー編

サイズ

現在の在宅勤務デスクは140cm x 60cmのニトリで買ったビジネスデスク。高さは可変だがボルトオンで変更する仕組みなので気軽な変更はできない。モニターアームに対する強度もよく話題に上がるが、このデスクは25mmの天板厚みがありその点はクリア。電源タップを載せるトレーも付属しており、PC1台で作業するにはほぼ不満は出ないであろうスペック。

しかし、同時に映したい情報が増えるに従って十分に思えていたデスクサイズに不満が出てきた。

利用している34インチのウルトラワイドディスプレイを利用するにはやや奥行きが物足りない。ディスプレイを端から端まで使うにはもう少し遠い方がありがたい。

すぐ隣にZwift用のロードが鎮座していてサブディスプレイをアームで動かしてZwift用のモニターにしているが、ついでならドリンクや食べ物をすぐ取れるように置いておきたい。などなどの欲も出てきた。

最終的に、1500mm x 700mm x 25mm のサイズを購入することに決定。

材質・オプション

材質で重要な点は堅さと色合い・見た目の木目などだ。無垢材と集成材というチョイスもある。

木材選びに関しては全くの素人なので、数々のDIY用木材に実績のあるマルトクショップにオーダーすることにした。

shop.woodworks-marutoku.com

オプション

主な検討項目は角の落とし方と磨き・反り止めの有無。

オプションも全て解説のための画像ページが用意されていて非常に親切だった。

shop.woodworks-marutoku.com

飾り気のあるオプションが用意されているが、コストの面から見送り。届いたらすぐに塗装に入りたかったので、サイドの角を落として研磨してもらうオプションを追加した。表面は最初から#240程度のサンドペーパーで研磨してある。

shop.woodworks-marutoku.com

無垢材フリーカット・集成材フリーカットにつきましては、表面は240番程度のサンダーで研磨してお届けします。基本的には、届いてそのまま塗装ができる程度まで仕上げてお届けしていますが、毛羽立ちを感じた場合はペーパーで再度仕上げてからの塗装をおすすめします。

反り止めに関しては、長く使いたいなら必須ということは認識済みだった。ただ、どの場所に反り止めを入れるかは選ぶことができる…

Flexispotの脚幅は110~190cmに調整する必要があり、安定性の面からなるべく幅を広く取りたかった。マルトクショップの中の人が非常に親切で、反り止めの効果を得つつ可能な限り幅広に取り付けるというオーダーに応えてもらった。

結果としてオプションは下記のようになった

 面[A]:糸面 + 磨き | 面[B]:糸面 + 磨き | 面[C]:糸面 + 磨き | 面[D]:糸面 + 磨き | 反り止め:通常タイプ | 

塗装

プロに任せるか、自分でやるか…という点に尽きる塗装(納期も延びるがここは考えないものとする)

今回オーダーするサイズの塗装をマルトクショップに頼むと1万円以上の追加チャージになってしまうこともあるが、自分で塗って醜く色ムラを出してしまうのも避けたいところ。

悩んで木材の塗装について色々調べていたところ、浸透性塗装のワトコオイルというものがあることを知り、ムラなく簡単に仕上げられるとのこと(ワトコオイルを知らないくらいDIY素人だった)

今回は塗装を依頼せず、素のままで納品してもらうことにした。

次回、塗装編

gensobunya-tech.hatenablog.com

三井住友NLカードをApple Payのエクスプレスカードに設定して捗ってなかった話

www.visa.co.jp

VISAカードApple Payに登録できるようになりました!

これに伴い、以前紹介した三井住友ナンバーレスカードがApple Payに登録できるようになり、尚且つApple Pay経由の支払いでもコンビニ各社で5%還元されるよう明記されています。

www.smbc-card.com

Apple Pay(Visaのタッチ決済、Mastercard®コンタクトレス) 5%

これまではMasterCardのユーザーしかApple Pay経由での支払いはできず、VISAで作ってしまった人は物理カードを持ち歩く必要がありましたが、これからはiPhone一つ持ち歩きでよくなります。

自分はAndroidがメイン端末なので、正直うらやましい…(GooglePayはiDとして登録可能で、5%還元対象ではない)

三井住友NLカードの登録方法

Apple Payへの登録は、Walletアプリからカード情報を登録します。

本来はカードを撮影するだけで番号などを認識してくれるのです…が、NLカードは券面にカード番号その他の情報がないので、必然的に手打ちになります。VPassアプリから番号を参照して登録しましょう。

エクスプレスカードとは?

Apple Payを使った決済時には、本来TouchIDなどによる端末のロック解除が必要ですが、これをスキップするための設定です。

交通系カード(Suica, PASMO)などではロック解除なんてやってられないので、設定していた人が多いかと思いますが、実はこの機能を通常のクレジットカードの非接触決済でも利用できます。

ということで早速設定してみました。コンビニではクレジットカード決済を選択してiPhoneをかざすだけで5%還元です。やったね!エクスプレスカードに設定しても、TouchID必要でした…

私の端末では未検証ですが、SuicaNFC決済を両方エクスプレスカードに設定できるという併用も可能のようです(Twitter調べ)

キャンペーン

https://www.smbc-card.com/mem/cardinfo/cardinfo7242450.jspwww.smbc-card.com

期間限定で、ApplePay経由のVISA非接触決済の決済額15%が還元されるキャンペーンが実施されています。

最大1000円分相当なので、決済額は7000円ほど。

各種ポイントサイトのポイント付与

ポイントサイトでガッツリ稼ぎたい方は下記。

hapitas.jp

ハピタスをはじめとするポイントサイトで、三井住友カードNLの入会キャンペーンを打っており、5000円前後の還元を得られる。忘れず経由しよう。

カードの経由ページは下記のリンクの通り。

三井住友カード(NL) | ハピタスなら2,200ptポイント還元 | ポイ活ならポイントサイトのハピタス

Hapitasはこの記事のリンクから登録すると、紹介特典として会員登録時に100p, 登録後7日以内にカード発行手続きをしてが通帳へ500pt以上「判定中」または「有効」と記載されると、キャンペーン特典600ポイント+通常紹介特典400ポイントプレゼントされます。

ポイント増額キャンペーンは随時見直されるようなので、各社要チェック。